<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
クリスマスのアレンジ

クリスマスのアレンジです。
左は壁にかける飾りで1メートルくらいの丈があります。
クリスマスにはテーブルに置いて飾りました。
右はローソクのアレンジです。
二つのアレンジが対になっていて、
お正月にも飾れる和をイメージしたものでした。
私は2006年から習い始めたので二度目のクリスマスアレンジ。
先生のアイデアは豊富で毎回楽しみにしています。


リボンアレンジとお教室RUSTLE(ラスル)






2007年のクリスマス。
30日には家族が揃いローソクを燈して語り合いました。








JUGEMテーマ:写真


| weblog | 21:09 | comments(0) | - |
19年モノのクリスマスツリー



我が家のクリスマスツリーは家を建てた時に買いました。
天井が高いので念願の大きな大きなクリスマスツリーを買いました。
2メートルはあります。
我が家もクリスマスツリーも娘の歳と同じです。
ツリーの下でハイハイしていた頃を思い出します。

娘はお年頃で輝いてきました。
その反対に我が家もツリーもあちこちガタがきています。
毎年枝がとれてしまうんですよ。
いつまでもつかな〜。
昨年までは子どもたちが飾りつけをしました。
今年は皆忙しくて帰ってこないので、何年ぶりかで
私が飾りつけをすることになりました。
今年からは玩具っぽいオーナメントはやめました。
孫が生まれたら又使えるかな。。。

2番目の写真は試しにリングを回してみたんですけれど、回し方が雑だったかな。
なんせ初めてなもので;;

空の巣症候群をカメラで遊んで乗り切ろう〜♪












子どもがカトリック幼稚園に通っていた頃、こうやって毎日お祈りしていました。懐かしい。。。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
| weblog | 19:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
一眼レフのデジタルカメラ調べ

一眼レフのデジタルカメラが欲しいな…と常々思っていて、
時々お店を覗いては店員さんとお話したりしています。

一応何軒かのお店で質問してみました。
ニコンとキャノンでは、
ニコンはシャープでキャノンはソフトと聞き、
お花を撮るならキャノンがいいらしいような…。
キャノンは総合的に使いやすいので売れ筋とか…。
キャノンのレンズを持っている人が多いからキャノンが売れるとも聞きました。

7月21日に発売されるソニーのアルファは、手ブレ補正機能がついていて、それから中のゴミをふるい落としてくれる機能があると聞きました。価格はキャノンと同程度の機種より2万円くらい安いらしいです。

7月末頃にペンタックスでも手ブレ補正機能がついたK100Dが発売になるんですよね。
ペンタックスは覗きこんだ時の画面がキャノンと比べて広かったです。見易さの点ではよさそうでした。

ソニーのアルファの体験セミナーを見つけたんですよ。
プロのカメラマンの指導が受けられるのかと申し込もうとしたら…残念でした、東京は満員でした。

タヒチの画像で我慢しましたよ。

写真を撮りなれていないのに、気が早すぎますよね。
コンパクトカメラも使いこなせていないんですよ。
私のカメラもこんなに綺麗に撮れるはずなんだ…^^;

 



ミニ薔薇の雫を撮ってみる 


 

| weblog | 19:46 | comments(2) | - |
グラハム・トーマス

| weblog | 23:31 | comments(2) | - |
ドッペルゲンガー

超短編傑作選〈vol.4〉
超短編傑作選〈vol.4〉
何故か長年小説が読めなくなっていた私ですが、たまたま寄り道して出逢えた短編小説に脳がクラクラ。それからずっと夢中になって読ませて頂いているブログがあります。この超短編傑作選に代表作が載っています。

いつか丸ごと1冊ドッペルさんの小説で埋め尽くされた本が出たらいいな。

確か実現したら届けてくださると言っていたな…。
ずっとずっとお待ちしています。
代表作
ドッペルゲンガー
コメント
最新作
黄色い電車 前編
黄色い電車 後編

おもしろいものからドキッとするもの心温まるもの…。
幅広いおはなしとコラムあり。

いつか、私の好きなもの特集をしてみたいです。
「ドッペルゲンガー考」なんていう記事が書けたらいいんですけど、文才がないから残念。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへクリックよろしく。

| weblog | 00:18 | comments(2) | - |
喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭

NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉
NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉

「ターシャ・テューダー四季の庭」のDVDを見ました。

何年か前に雑誌の特集の記事を切り抜いていたことがあって、
読んだわけではなかったのですが花の中にいる写真を眺めては
いいなぁと思っていました。

今回このDVDを見て、私の想像とは違うことがわかりました。

ガーデニングと言うと思い浮かべたのはイギリスでした。
ターシャはアメリカの人なんですね。

それから、ガーデニングのアイデアとか色合わせ、

花合わせが参考になるかと思っていたら、違いました。
そういうスキルよりもターシャという女性のガーデニングに対する
思いとか哲学がまずありきなのだと思いました。

23歳の時に結婚、絵本出版。4人の子どもを育て離婚。
「思う存分庭作りをしてみたい」そういう思いで
57歳から土を耕し、木を植えることから夢に向かったのだそうです。

「欲しいものを手に入れるために私はずっと頑張ってきたの。」
ターシャの手は今も休むことを知りません。
そう語っても、気負いはなく、坦々と夢に向かって必要なことを
必要なだけやるという姿勢のように感じました。
質素でも心豊かな生活をおくることを基本にしています。

未だに勉強することを怠りません。
パン作りは16歳の時に入賞経験もあり、料理も得意です。

「近道を探そうとしないこと。
なるべく本を読んで。」

「何かを始めなければ何も起こらない。
夢を実現する為にはまず行動すること。」

「人生は短いのよ。好きなことをしなくちゃ。」

この地方は一年の半分が雪に覆われています。
秋に球根を植え冬篭りをしますが、雪かきはしません。
雪は土が凍るのを防ぐお布団なのだそうです。

「どんなに冬が厳しくても
楽しいことはそれを待つ喜びも大きいのよ。
春は必ず巡ってくるの。創造力をなくしてはダメ。
どんな厳しい時も幸せは心の持ち方にあるのだから。」

「秋に植えたチューリップの球根が厳しい冬を越えて
何回も何十回も奇跡を感じる。
命の力に感動している。」

「4:30にお茶を飲むのを習慣にしているの。
この世界にはよく見るとおもしろいもの、不思議なもの
美しいものが一杯あるの。
駒鳥、ローズマリー、流れる雲、枯草だって目を楽しませてくれる。
そんなダイヤモンドの輝きを気付かないでいるのはもったいないでしょ。
だから、ゆっくりお茶を飲んで味わうの。
生きているだけでもありがたいと思えるから。」

90歳になる今も絵本を描き続けています。

「創作に打ち込む独りの時間を大切にしています。」

ターシャの言葉は力強く私の心に響いてきました。
私の歳でも十分にまだ夢を見るのも遅くはないのかと。


 

| weblog | 23:29 | comments(2) | - |
おじいさんの小さな庭

おじいさんの小さな庭

 

おじいさんの小さな庭
ゲルダ・マリー シャイドル文, ささき たずこ訳, バーナデット ワッツ絵

ターシャ・テューダーの庭のDVDを見たら、この絵本のことを思い出しました。

画像がなかったので家にある絵本の表紙をスキャンしました。

私はこの絵が大好きでした。

こんなお庭があったらいいな、こんな絵が描けたらいいなと思って

憧れていたのを思い出しました。

 

お話の内容を覚えていなかったので先ほど読んでみましたよ。

そうしたら、ヒナギクさんのわがままな所が私と重なってしまい、

教訓の言葉は何処に落ちているかわからないものだと思いました。

どんなに憧れてもヒナギクは薔薇にはなれないから、

私は私の庭をよく見てみようと思いましたよ。


シスターが子どもたちにいつも言っていた言葉も思い出しました。
“心のお庭に花を咲かせましょうね”

今日は久しぶりにお庭の手入れをしました。

おととし、義父に手伝ってもらって小さなお庭にレンガを敷き詰めました。

完成した時は嬉しくてお花を一杯に植えました。

いろんなことで忙しくなってしまい昨年は殆ど手をつけませんでした。

伸び放題に伸びたジャスミンとつる桔梗と花瑞樹の枝を落としました。

日も入るようになりさっぱりしましたよ。

ターシャのように草もよく見ながら抜きました。

 

少しずつ少しずつ、よりよい自分になれますように。
 

| weblog | 21:49 | comments(4) | - |
寄り道

今日税理士さんから催促の電話がありました。
税理士さん「明日できますか。」
私 「とてもまだまだです;;」
税理士さん「えー。いつ頃できそうですか。」
私  「う…ん。来週くらいには。」
税理士さん「来週ですか。
来週になるとこちらも間に合わないかもしれませんよ。」
私 「はい。頑張ってみます。」

経理の仕事は私にはきっと向いていないんです。
やろうとすると、他のことがしたくなります。
ここではない何処かへ行きたくなります。

そうやって寄り道ばかりしているから
間に合わなくなるのはわかっているのですが…。

寄り道のおかげで、
自分が好きなものは何なのか。
自分がしたいことは何なのか。
おぼろげながら掴めているような気がするんです。

夢を描けなくなっていたのが
夢を描いてみようかと思えています。

この仕事が一段落したら…。
今日はそんなことばかり考えていました。

昨日JUGEMのブログをお散歩していたら
素敵な写真のブログを見つけました。


あんな風に温もりのある写真は
どうやったら撮れるのかしら。

私ももっと上手に撮れるようになったら、
いつかその女性に声をかけてみたいな。

 

| weblog | 21:20 | comments(0) | - |
| 1/1PAGES |