<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭
NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉
NHK 喜びは創りだすもの ターシャ・テューダー四季の庭 永久保存ボックス〈DVD+愛蔵本〉

「ターシャ・テューダー四季の庭」のDVDを見ました。

何年か前に雑誌の特集の記事を切り抜いていたことがあって、
読んだわけではなかったのですが花の中にいる写真を眺めては
いいなぁと思っていました。

今回このDVDを見て、私の想像とは違うことがわかりました。

ガーデニングと言うと思い浮かべたのはイギリスでした。
ターシャはアメリカの人なんですね。

それから、ガーデニングのアイデアとか色合わせ、花合わせが
参考になるかと思っていたら、違いました。
そういうスキルよりもターシャという女性のガーデニングに対する
思いとか哲学がまずありきなのだと思いました。

23歳の時に結婚、絵本出版。4人の子どもを育て離婚。
「思う存分庭作りをしてみたい」そういう思いで
57歳から土を耕し、木を植えることから夢に向かったのだそうです。

「欲しいものを手に入れるために私はずっと頑張ってきたの。」
ターシャの手は今も休むことを知りません。
そう語っても、気負いはなく、坦々と夢に向かって必要なことを
必要なだけやるという姿勢のように感じました。
質素でも心豊かな生活をおくることを基本にしています。

未だに勉強することを怠りません。
パン作りは16歳の時に入賞経験もあり、料理も得意です。

「近道を探そうとしないこと。
なるべく本を読んで。」

「何かを始めなければ何も起こらない。
夢を実現する為にはまず行動すること。」

「人生は短いのよ。好きなことをしなくちゃ。」

この地方は一年の半分が雪に覆われています。
秋に球根を植え冬篭りをしますが、雪かきはしません。
雪は土が凍るのを防ぐお布団なのだそうです。

「どんなに冬が厳しくても
楽しいことはそれを待つ喜びも大きいのよ。
春は必ず巡ってくるの。創造力をなくしてはダメ。
どんな厳しい時も幸せは心の持ち方にあるのだから。」

「秋に植えたチューリップの球根が厳しい冬を越えて
何回も何十回も奇跡を感じる。
命の力に感動している。」

「4:30にお茶を飲むのを習慣にしているの。
この世界にはよく見るとおもしろいもの、不思議なもの
美しいものが一杯あるの。
駒鳥、ローズマリー、流れる雲、枯草だって目を楽しませてくれる。
そんなダイヤモンドの輝きを気付かないでいるのはもったいないでしょ。
だから、ゆっくりお茶を飲んで味わうの。
生きているだけでもありがたいと思えるから。」

90歳になる今も絵本を描き続けています。

「創作に打ち込む独りの時間を大切にしています。」

ターシャの言葉は力強く私の心に響いてきました。
私の歳でも十分にまだ夢を見るのも遅くはないのかと。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへクリックよろしく。

| DVD | 23:29 | - | - |
| 1/1PAGES |