<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
バラのお庭のカフェ




















フラウ・マリコ



















今年も行ってきました、Garden Cafe Green Rose.
昨年は6/9雨の日でした。初めて訪れ感動して
人がいなかったのでたくさん撮りました。→2007年6月
今年は6/16日差しが強い中、お客様もいっぱいで、撮影より
椅子に座って日陰から眺めているのが心地よく。。。
昨年同様、マンゴのケーキ美味しかったです^^。

可愛かった紫陽花又撮りたいと楽しみにしていました。
1週間ずれるとお花の表情も違いますね。
あの紫陽花はフラウ・マリコという名前だそうです。





にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ←気に入って頂けたらクリックお願いします。
←コチラも参加中。どうぞよろしく。
JUGEMテーマ:写真


| *憧れのガーデニング | 00:02 | comments(0) | - |
バラの庭









バラはフェリシア。











加藤先生お得意のパッチワークや手作りの小物たち。
つるバラや他の植物たちと融合して優しい暖かい印象ですね。

今年は娘を連れて行きました。
「バラのイメージが変わった」と言っていましたよ。
昨年の冬、つるバラの葉を全部落として誘引して結ぶ作業を手伝わせた時には
意味がわかってなかったみたいで音をあげていました^^。













この壁面への誘引がアートなんです。
毎年、冬になると葉を全部落として、剪定して、
春に何処に咲かせたいか考えながら紐で結わきます。


昨年我が家の庭に植えたつるバラたちが、凄い勢いで成長して
今春たくさんの花を咲かせてくれました。
つるはこの夏又成長します。娘は今秋に留学するので
今年の冬はひとり作業かな。。。
脚立に乗る作業なのでもうちょっと体を軽くしておかなければ〜。

第10回国際バラとガーデニングショー
村田先生のブースの立て看板に書かれていた文章が
とっても先生らしいと思いました。


バラの街に暮らすには

窓の外はお隣の壁
…………
昔話です。道路で家を眺め思索していると、お隣さんや
お向かいさんなどが集まり、あれやこれやと会話が弾み、
お買いもの帰りの人も話の輪に加わり、楽しいひと時とな
りました。この楽しさが、庭作りの視点を必然的に外へ
向けさせ、道路や歩道へと広がっていったのです。
私たちの暮らす住宅地は、小さく区切られた敷地の真ん中
に家を建てているので、窓から見える景色はお隣の壁面です。
この無機質な壁面に、植物を這わせ、有機的な表場を付加し、
美しい外観を持つように努めたら…
どんなに美しい住宅地にかわるでしょう。


壁際族と言われても…
・・・・・・・・・・・・・
住宅の壁面を植物で美しく装飾することには、限りない願望
があります。ツルバラを壁面に仕立てる事は必然的な事でした。
敷地が狭く、日当たりが悪い日本の住宅事情の中で、
自由に飾れる残された空間…
     それが住宅の壁面だったのです。


つるバラのすべて
つるバラのすべて
村田 晴夫 2008年5月刊行

花時間 2008年 06月号 [雑誌]
花時間 2008年 06月号 [雑誌]
オークンバケットのお店が載っています。


第10回国際バラとガーデニングショーはこれにてお終いです。
blogをお休みしていた頃に撮った写真を掲載しています。
まだちょっとあるので季節はずれのphoto*sara's room.
子供達も夏休みに入りました;;いろいろ忙しなくなってきたので
blogはのんびり更新になりそうです。
たま〜に覗いてみてくださいね。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ←気に入って頂けたらクリックお願いします。
←コチラも参加中。どうぞよろしく。
JUGEMテーマ:写真


| *憧れのガーデニング | 10:41 | comments(0) | - |
バラの庭








村田先生のブースの中で写真を撮る方が多かったのがこのコーナー。
プリンスチャールズというクレマチスとブラッシュダマスクというバラの組み合わせ。





アーチにクレマチスとつるバラが一緒に咲いてくれると素敵ですね。











バラには表情があるような気がします。






第10回国際バラとガーデニングショー
村田バラ園とオークンバケットのブースにて。


にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ←気に入って頂けたらクリックお願いします。
←コチラも参加中。どうぞよろしく。
JUGEMテーマ:写真

| *憧れのガーデニング | 23:46 | comments(0) | - |
バラの庭
























第10回国際バラとガーデニングショー
今年は村田先生と加藤先生のブースを撮影しました。
こちらのバラのお教室に通っています。




にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼レフカメラへ←気に入って頂けたらクリックお願いします。
←コチラも参加中。どうぞよろしく。
JUGEMテーマ:写真


| *憧れのガーデニング | 06:00 | comments(8) | - |
気になるバラ。。。



早く起きた朝
犬と散歩中に見かけた木になるバラ。

速攻、カメラを取りに戻りましたw

5月の雨がよく降っていた頃だったので
すぐ散ってしまうかもと2日も通いました。
続きを読む >>
| *憧れのガーデニング | 14:22 | comments(8) | - |
バラのレッスン




20070909_362145.jpg

20070909_362146.jpg



この日のレッスンはスライドでお勉強。
たくさんのお庭のあしらいを見せて戴きました。
うちの小さなお庭も夢のあるお庭にしてみたいです。

ロサ・ムリガニー
ドロシーパーキンス
サンダースホワイト
アルバメディランド
コーネリア
スィートジュリエット
が壁面に咲くそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| *憧れのガーデニング | 00:24 | comments(0) | - |
薔薇のお教室

しばらくぶりに再開します。
20070903_359482.jpg


お教室に咲いていたジュリア。
コンデジにて撮影。

 


20070903_359483.jpg

ミナヅキというお花だそうです。

20070903_359484.jpg


今年から薔薇のお教室に通い始めました。
8月の初めのお教室では、
花が咲き終えた新しい枝を二目残して枝を剪定すること。
ハダニのついた葉は全て葉を落とすこと。
伸びた枝を支柱に結ぶ時の紐の結び方。
肥料は1ヶ月に一度一握り撒いてあげること。
黒星病の葉は残して殺菌剤で生かすこと。
などを教えてもらいました。

肥料と殺虫剤と殺菌剤を一通り買ってきました。
剪定バサミと手袋も。

帰りにユニクロで上着も買いました。
薔薇の棘が刺さらないように。
 

 

 

 

| *憧れのガーデニング | 14:57 | comments(0) | - |
2007バラクライングリッシュガーデン


































雨の中を撮影するのってどうも粘れない自分がいて。。。
撮りたいと思える被写体のお花が今回少なかったかな。
一年前のバラクラの花たちの写真を見ていると
初々しい気持ちが蘇ります。
一生懸命さがかけてきたかしら。


今回は、江口慎一さんというお花の写真家さんの個展を見て
お話を聞いた直後だったのでソフトに撮ってみたいと思いました。
あの時、質問もしてみたのですが江口さんはレンズが
100丱泪ロや180丱泪ロという望遠マクロレンズを使っていると
おっしゃっていました。
OLYMPUSは35丱泪ロと50丱泪ロしかないんですよね。
この写真は50丱泪ロと50-200个遼庄鵐譽鵐困濃りました。

蜘蛛やこういう虫を撮ったのは、初めてですよ。














にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


| *憧れのガーデニング | 22:31 | comments(2) | - |
2007バラクライングリッシュガーデン


9時開園の一番乗り。出迎えてくれたのはこのフレッシュグリーンの葉の大きな木。
名前は何というのでしょう。私にとっては今年のバラクラで一番印象に残りました。
小雨振る中の撮影となりましたが、お天気が悪くてもこの鮮やかなこと。
見たままの色です。
chachaさんのように広角で仰いで撮ってみました。
看板が写ってます;;














こんなふうに丸い葉の形をしています。名前を御存知な方いらっしゃるかしら。












着いたそうそう朝食を。雨に濡れて少々寒く、暖かいシチューをいただきました。








今年のバラクラはこんな感じです。
次回はお花たちを載せますね。







2007年6/29撮影
[OLYMPUS E-330 11-22]




にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



| *憧れのガーデニング | 22:38 | comments(0) | - |
帰路


バラクライングリッシュガーデンから茅野駅(長野県)まで、バスがありますが
バスの時間にうまく合わなくて行きも帰りもタクシーに乗りました。
タクシーの運転手さんが教えてくれました。
この近くには「マリーローランサン美術館」や白樺湖や蓼科湖があるそうです。
「バラクラは思ったより小さかったので他も廻ればよかったね。」
と二人で話していました。

電車が来るまでに駅周辺で何か食べようと思って探したのですが
洋服などのお店はあるのに飲食店が見つかりません。
お弁当を買おうかと思ったのですが、お惣菜売り場らしいものも見つかりません。
駅構内のお弁当屋さんはまだ夕方なのにお店が終わっていました。
この土地に住む人たちは、お惣菜やお弁当を買う人がいないのでしょう。
あらためて自分達が外食店やお惣菜やお弁当が溢れている街に住んでいるんだと感じました。

この時間バスも電車もなかなか来ない茅野駅ですが、
駅構内は学校帰りの高校生たちで溢れていました。
我が子はこの日、ちょうど4日間の中国旅行へと旅に出ていました。
高校生になって急速に自立している我が子同様、
これからは私も自分の旅に出ようという心境になりました。



















長男が幼稚園から中学校までの間、一緒に子育てのいろいろを話してきた友人。
その間にはいじめや学級崩壊、登校拒否、様々な事件がありました。

子育てしながらいろいろ楽しんでいる親もいるけれど
私たち結構真剣だったね。
子育て何が大変かって、
子供をどうやって自立させるか
悩んだよね。
初めてのことだったから、
答えはわからなかったから。
お父さんたちはなかなか頼りにならなかったしね。
氾濫している情報に左右されないで自分の眼で
自分の子育てをやっていかなきゃならなかったから。

これからちゃんと就職して自分で生きていけるようになるまで
親としてはあとちょっと。。。正念場だわね。




一年前、帰りの電車の中そんな話をしたことを思い出していました。
標高790.3メートルにある茅野駅から新宿駅へと下っていく感覚を味わいながら
列車あずさにて。



[OLYMPUS E-330 2006年7月14日使用初日]







にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
| *憧れのガーデニング | 08:55 | comments(2) | - |
2006バラクラの花たち


アザミ?




桔梗









ゲンノショウコ



アストランチャー







アカマンマ(イヌタデ)









リアトリス




インパチェンス








ペニセツム パープルバロン
↑これは植木の鉢で売られていたものです。
名前が書いてありました。



庭に植えてある植物には名前が書いていないんですよ。
御存知の方がいらっしゃいましたら教えてくださいね。
追々、わかったら記載していきます。


一眼レフを初めて手にして撮ったバラクラのお花たち。
とにかく、撮るぞ〜という意気込みだけは十分あったような気がします。
「初めて」というのは印象が濃いものですね。
懐かしく思い起こしていました。








にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


| *憧れのガーデニング | 18:36 | comments(0) | - |
2006バラクラの花たち


この季節
薔薇が終わり、紫陽花が一番元気に咲いていました。





下野(シモツケ)



アスチルベ






































にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



| *憧れのガーデニング | 18:30 | comments(0) | - |
この実はなあに。








公園内の花壇に真っ赤な実が生っていました。
ミニトマトではないですよね。


お花はバラに似ている?






6/27 赤レンガパークお散歩フォト
[ OLYMPUS E-330 50-200弌]





にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ

| *憧れのガーデニング | 19:18 | comments(0) | - |
Garden Cafe Green Rose















































6/9 Garden Cafe Green Roseにて撮影。



シリーズで全6回に渡ってお送りしました。
雨の中を楽しく撮影させて戴きました。
その様子をお伝えすることができましたでしょうか。
まだまだたくさんの写真があるのですが、2007年春はこの辺で終わります。


ナチュラルガーデンを創りあげ、これだけの花たちの育ちを見守ることは
並大抵のことではないと思うのですが
御家族でとてもゆったりと協力しあっている様子が伝わってきました。

今度ここを訪れる時には、どんなお花たちが出迎えてくれるでしょう。
是非秋のバラが咲く頃に又訪れてみたいと思いました。
その頃には、もうちょっと撮影の腕を上げていますよ。
そしてガーデナーとしてもひよっこですが、
わが家の小さなお庭のお花たちとともに成長していきたいと思います。

Garden Cafe Green Roseさん。
撮影させて戴き、ありがとうございました!









ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



| *憧れのガーデニング | 00:06 | comments(2) | - |
Garden Cafe Green Rose 

























6/9 Garden Cafe Green Roseにて撮影。



ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


| *憧れのガーデニング | 21:44 | comments(0) | - |
Garden Cafe Green Rose 











































6/9 Garden Cafe Green Rose にて撮影。



ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



| *憧れのガーデニング | 22:47 | comments(0) | - |
Garden Cafe Green Rose















6/9 Garden Cafe Green Roseにて撮影。




ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ



| *憧れのガーデニング | 17:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
Garden Cafe Green Rose 供〇舁朮












この日、写真を撮り始めたら雨が降ってきました。
雨の中で写真を撮るって結構大変ですね。
傘もささず合羽も持っていなかったのですが
帽子だけ被って濡れながら
初めてカメラにシャワーキャップを使って撮りました。

この紫陽花がとっても好きになりました。


6/9 Garden Cafe Green Rose にて撮影。



ランキング参加中。
↓お気に召したらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


| *憧れのガーデニング | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Garden Cafe Green Rose 







昨年、薔薇のお庭に憧れて、
初めて行った京成バラ園でバラの苗を2つ買いました。
7月にはバラクラへ行ってきました。

そしてアレンジの先生の紹介で、
Sさんという方のお庭を見せて頂きました。
たった1本の「夢乙女」というバラが
外の塀から家の壁を覆いつくしているのはびっくりしました。
バラの本も監修されていらっしゃる村田先生の教え子さんのお宅です。

それからお教室があることを伺って、
オークンバケットというお店を去年尋ねてみたんですよ。
京成バラ園で買ったグラハムトーマスとシャルロットを
どう育てたらいいのか次にはどんなバラを買ってみようかと相談に行きました。
まだ漠然としていたので、とりあえずコンテナで育てておいて
「秋や来年いろんなバラを見てみたらどうですか。」と
アドバイス戴きました。

今年はとにかくたくさんのバラを見て、自分の好きなバラ探しをしてみました。
なかなか買いに来れないので京成バラ園でまとめていくつかの苗を買いました。
何処に植えたらいいかを今年もオークンバケットに相談に行ってみました。
名前を書いた紙と家と庭の写真を見てもらったら、
「これは殆どつるバラだから、伸びますよ。」
と教えてもらってびっくり;;
「つる」と書いてなくても伸びるようです。
とりあえずもう増やさない方が。。。と言われて。
これはちょっと大変なことになったと思いました。
知らないのも困るので年に5回のお教室に通ってみることにしました。

ここで教えて戴いたのが、こちらの写真のGarden Cafe Green Roseです。
村田先生の第1期生さんのお店だそうで早速翌日に訪ねてみました。
埼玉県の入間郡毛呂山町という所にあります。

とっても素敵でしたよ。
入園料と美味しいケーキと飲み物のセットで1000円です。
ゆったりとした幸せな時間を過ごさせて頂きました。

お話も伺えて、バラを育てている人はとてもマメで根気があると思いました。
第一期生さんたちで本も出版されていたので購入してきました。
お仲間と本を作るって素敵ですよね。
お客さんで訪ねて来ていた方ともお話させて戴いてとても楽しいひと時でした。


村田先生のバラの育て方は
お庭を風景として捉えていらっしゃるようです。
バラというと華美なイメージがありますが
とてもナチュラルな優しいお庭だと思いました。

写真を撮らせて戴いたので少しづつ載せてみますね。
7月2日までの土日月の期間限定オープンです。
中学生未満はバラの棘が危ないので入れないようです。





にほんブログ村 写真ブログ 植物・花写真へ


| *憧れのガーデニング | 14:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
薔薇巡り
5月15日と22日の二日、アレンジの先生とお仲間と
近くの薔薇のお庭巡りをしに歩きました。

最後に訪れたのがこのIさんのお庭です。
薔薇がお好きで何年もコンテナで育てていらっしゃったそうです。
昨年お庭を綺麗にして植え付けされたそうです。
アーチにもフェンスにも御家の壁にも素敵に誘引されていました。
薔薇の種類も豊富でかなりの数でした。
一日目は名前を聞きながら説明もして戴いたのですが
メモをとらなかったので又わかったら補足します;;
写真は2日目の夕刻に撮らせて戴きました。
お花が終わっていたのもあったのでここに載せたのは僅かなんですよ。
薔薇以外の植物も珍しいお花が咲いていました。


































































そして最後にこれが「夢乙女」です。
小さな可愛いお花をたくさんつけます。まだ背丈が低かったですが、
何年かするとIさんの御家を覆うように咲くことでしょう。
「薔薇仲間が増えると嬉しいわ。」と声をかけてくださって
とっても刺激になりました。
こころよく見せてくださってありがとうございました!






ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ




| *憧れのガーデニング | 09:38 | comments(0) | - |
薔薇覚え書き*ジュリア


COUNTRY HERVESTで見かけたこの薔薇が気に入って写真に納めました。
その時は名前がわかりませんでした。

後で寺西菊雄さんのブースで見かけたこの薔薇。
名前はジュリアと書いてありました。
アレンジの先生に伺って同じお花だったとわかりました。










「The Rose Book」という本にジュリアのことが載っていました。

*ミルクティー色のばらの不思議 今井由美子
「ジュリアというばらをご存知ですか。
フラワーアーティストの高橋永順さんが
ジュリアをふんだんに使ったアレンジメントを雑誌で発表されたのが10年ほど前で、
おそらくそれがこのばらの日本デビューだったのではないかと思います。
淡い茶色といってもいい、不思議な色合いの花びらが優雅に波打つ様子に、
一目で心奪われた方も多いのではないでしょうか。」
(文中より引用)

誕生したのは1976年のイギリス。
ジュリア・クレメンツというフラワーデザイナーに捧げられた花なのだとか。
ジュリアの交配親は、
青いばらを求めて作られた1964年ドイツ生まれのラベンダー色の名花ブルームーンと
1963年オランダ生まれの黄色いばらゴールデンウエイブだそうです。
ラベンダー色×黄色=茶色という思いも寄らない公式。。。

ばらは青い色素を持っていないので自然には存在しないのだそうで
今も尚世界中の育苗家が青ばらの交配に挑み続けているのだとか。
鮮やかな黄色もヨーロッパのばらには存在しなかったそうで
ペルシャ原産の鮮やかな黄色のばらを親に得て
ハイブリッドティー(四季咲き姓の大輪)に黄色が誕生するに
10数年の歳月を要したのだそうです。

「長い栽培の歴史のなかで、ばらに夢を託した人たちの多くの働きが、
ジュリアのかくも美しい花色に秘められているのです。」
(文中より引用)








5/17国際バラとガーデニングショウにて撮影。
[OLYMPUS E-330 50丱泪ロ F2.0]

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ


| *憧れのガーデニング | 23:17 | comments(0) | - |
ばらいろいろ

名前を忘れてしまいました;;





ニューウェーブ






上同様パープルグレース




[OLYMPUS E-330 50丱泪ロ]
5/17国際バラとガーデニングショウにて撮影。

ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



| *憧れのガーデニング | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
すきなものさがしのつづき

















5/17国際バラとガーデニングショウにて撮影。

お花のあわせ方や薔薇のあしらい方を参考に見て廻っていました。
下から2番目の「ユーフォルビア ダイアモンドフロスト」は
先日お花屋さんで見つけて早速お庭に植えました。




ランキングに参加しています。
↓お気に召した写真がありましたらポチポチっとクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ




| *憧れのガーデニング | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
すきなものさがし

↑長男がコンデジで撮影。

↓以下OLYMPUS E-330 50丱泪ロ F2.0にて撮影








5/17第9回国際バラとガーデニングショウにて撮影。
東京南青山のフラワーショップCOUNTRY HERVESTのお庭で見つけました。
うちのお庭にどんな薔薇の花を植えようかと探していました。
この薔薇がとっても気に入りました。
名前が書いていなかったので後にアレンジの先生に伺ったら
お節句の集いに先生が持っていかれた薔薇だったんですね。
名前はジュリアというそうです。

このお店は「田舎で収穫した花たちをコンセプトに素朴な植物を扱うフラワーショップ」だそうです。(公式ガイドブック引用)
近くに寄った時には覗いてみたいと思いました。
この葉っぱの形は初めて見ました。惹かれるものがありますね。
名前はクウェルカス“コンコルディア”と書いてありました。






にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



| *憧れのガーデニング | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
憧れのガーデニングライフ















5/17第9回国際バラとガーデニングショウにて撮影。
どのブースで撮ったのか定かではないのですが
白の薔薇と赤いクレマチスとの組み合わせが印象的で素敵でした。



[OLYMPUS E-330 50丱泪ロ F2.0 にて撮影]
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



| *憧れのガーデニング | 14:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
薔薇覚え書き*フェルディナンド・ピシャール







国際バラとガーデニングショウのバラクライングリッシュガーデンのブースにて

*フェルディナンド・ピシャール

系統:HP 花径:中
花色:赤にピンクのストライプ
咲き方:返り咲き 香り:香る
作出:1921年 Tanne フランス
特徴:丸弁の八重咲きがカップ咲きとなる中輪種。
濃い緑色の大きな葉が、ストライプの美しい花容を彩る。
枝は太く株立ちは半横張りとなり、3mくらいの樹形をつくる。
壁面に適している。 「 決定版 薔薇図鑑」より引用。


*フェルディナンド・ピカール

(ハイブリッドパーペチュアル)
ストライプ系の品種ではもっとも魅力的な品種のひとつ。
ピンク色のと深紅色の八重咲きの花が自由に咲き、魅力的な葉に囲まれる。
1921年。150×120cm
返り咲き。やせた土壌でも育つ。生垣によい。
「ピータービールズのCLASSIC ROSES COLLECTION日本語版」より引用。
国際バラとガーデニングショウの会場のバラクラのコーナーでカタログを購入しました。


ピシャールとピカールと訳し方が違っていました。
どっちが近いんでしょうね。
昨年の7月13日にバラクライングリッシュガーデンに行ってきました。
その時はもう薔薇は大体がお終いで紫陽花が咲いていました。
前日に思い切ってOLYMPUS E-330を買ったので
バラクラの旅が一眼レフデビューの記念すべき日になりました。
あと1ヶ月で1年になります。

本業の方の決算はどうにか無事締め切りまでに間に合いました。
今度からは溜め込まないようにしないと〜;;

最近薔薇に夢中です。
小さな庭に何を植えようかと形と色と名前を覚えて物色中です。
なので、記録写真になっています。
この薔薇も欲しいなと思って見ているのですが
まだ置いているお店を見たことがないんですよ。

最近は本当にいろんな種類の薔薇がありますね。




[OLYMPUS E-330 50丱泪ロ F2.0にて撮影]
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



| *憧れのガーデニング | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
「小さなシャトーの花の庭」の花たち*最終章















OLYMPUS E-330 50丱泪ロレンズ
(この日のお花は全てこのレンズ使用。三脚なし、雨なのでISO400に設定。)


*プリンセス・ジャルディニエの「小さなシャトーの花の庭」吉谷博光・吉谷桂子

フランス・ノルマンディー地方の古城と整形式庭園を吉谷流にアレンジしたお庭でした。公式ガイドブックには「印象派の画家たちが魅了されたこの地に何度も足を運んだ。」とありました。
フランスのテイストを盛り込んだ、フェミニンな庭を表現したそうで
植栽はピンクを基調としたカラースキーム(色彩計画)で構成。
古城をイメージしたコニファーを中心に、オールドローズや桜など、多品種の植物で表現されています。

ぐるっと一回りして切り取ったお花たちの表情はいかがでしたでしょうか。
私は初めて拝見しましたが、色の選び方やお花以外の植物のあわせ方など
隅々まで興味深く、植物の色や存在感を引き出すアートな雰囲気を感じました。
私目線のアングルで人が入らないように撮ったので
全体の雰囲気がわかりにくかったかとも思います。

現実はドームの中央で周りを見渡すと電光掲示板やら人だかり。
座席では売店のお弁当を食べている人がたくさんいました。
写真を撮っている最中は人のことが気にならず
夢気分に浸っていました。







(広角レンズ11-22仍藩僉

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←何か感じて頂けましたらクリックお願いしますね。

| *憧れのガーデニング | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
「小さなシャトーの花の庭」の花たち*第三章
















第9回国際バラとガーデニングショウの吉谷桂子さんの
「小さなシャトーの花の庭」のお花たちです。
一番上のピンクの薔薇がとっても印象的でした。
名前は書いていなかったのですがお花辞典で調べてみると
デンテイベスではないかと思います。
又薔薇園に行く機会があったら見つけてみたいと思いました。

つづく。。。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

| *憧れのガーデニング | 14:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
「小さなシャトーの花の庭」の花たち*第二章























第9回国際バラとガーデニングショーの吉谷桂子さんのお庭のつづきです。
まだつづきます。。。


いろんな草花に興味が湧いています。
珍しいものを見るとつい心を奪われています。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←よろしかったらクリックお願いします。


| *憧れのガーデニング | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
「小さなシャトーの花の庭」の花たち*第一章



第9回国際バラとガーデニングショウの続きです。
私は今回初めてでしたが、
お花のアレンジメントのお仲間が吉谷桂子さんのお庭をまず見ると言っていたので
最初にぐるっと周りを廻ってみました。
3人で出かけたのですが私は写真が撮りたいので別行動することにしました。

吉谷桂子プリンセス・ジャルディニエの「小さなシャトーの花の庭」
2本の木が目印なのですがそれを写真のフレームに入れると
外野席の看板が入ってしまうのでカットしました。






















つづく。。。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←よろしかったらクリックを!

| *憧れのガーデニング | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>