<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
柴又を後にして向うは日暮里*羽二重団子



山本邸を後にして帝釈天に戻り境内を抜けました。
ジッとこっちを向いて動かない猫。



看板の前でお店番かな。

そうそう帝釈天の写真は友達が写っているので
写ってない写真を撮っておこうと
後を振り返り。。。





さっきの猫ちゃん、死んだフリ?
気を引いていました(笑)






ここがかの有名な舞台となったとらやです。





こんなレトロも。





私のキャラでは撮らない被写体なんですが(笑)
旅のしめくくりにシンボル画像もウィンク




電車ばかりを撮る趣味の方もいらっしゃると思うのですが
男性が殆どを占めていたのが女性も増えてきたようよと
友人が話していました。
こんな電車に乗るのは初なので私も記念にパチリ。

京成線で金町に出て乗り換えしました。
向うは日暮里「羽二重団子」。

このお店は文政二年に開業。
お団子はきめが細かく羽二重のようだと称され
菓子名となり商号も「羽二重団子」となったそうです。












正岡子規の
竿坂も団子も月のゆかりかな

という俳句のお団子はこの羽二重団子なのだそうですよ。
泉鏡花の「松の葉」という作品にもこのお団子が登場するそうです。

ホント焼きたてのお味は格別でした。
餡は「赤福」の餡と似ていると思いました。
甘すぎずさらっとしている舌触りです。




土瓶も入れたら〜と
いきなり土瓶を目の前に持ってくるからピントが土瓶に合ってしまいました;;
この直後、お茶ひっくり返して大慌て〜。
これも又思い出の一ページへ。


この時これからの旅の話をしました。
今まで一ヶ月に千円とか二千円とかを積み立てしてきました。
4人で予定をあわせることが結構難しく
やっとここまで漕ぎ着けました。
受験生を抱えたり、介護をしなければならなくなったり。
本当にいろいろありました。
いつ出られなくなるやもしれないので
もう勢いをつけて出発するしかないので腹をくくりました。

まだホテルがはっきりしないので
明日旅行会社に行ってみることになっています。
やっと夢が叶うのかどうかな〜。


柴又ツアー「完」

[OLYMPUSE-510]



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ


| *下町・路地裏 | 01:19 | comments(0) | - |
柴又ツアー*川甚と山本邸


川魚料理の老舗 川甚で鰻を食べることになり
地図を見ながら歩いていると
山本邸がありました。

どんな処かと中を覗いて。。。

食事の後に又来てみることにしました。
川甚を探してもちょっとわからなかったのですが
今工事中でホロがかかっていました。
大きな旅館のようなビルでした。

170年以上続く老舗です。
バスのツアー客も来ているようでしたよ。
お食事を待つ間にベランダから見える江戸川を撮りました。






感慨無量。。。
綺麗には撮れませんでしたが
40年くらい前???
歳がばれますが;;
小学校の頃、この江戸川の土手を仲のよかった友達数名と
楽しくお喋りしながら歩いた思い出があるんですよ。
土筆を見つけては喜んでいました。

何を隠そう私は地モピー。
「地モピーだったんだ」と友人のメールに???
娘に聞いてみたら「地元ピープルのことだよ。」
と教えてくれました。

2歳から中学生までこの近くに住んでいました。
若い頃の父母のこと妹のこと
仲のよかった友達のことがよぎりました。
下町で育ったわたし。人情味があるかもラッキーです。


雨がまだやまず矢切の渡しはお休み。
お食事はご覧の通り。
いろいろ楽しめましたよ。






そして食事後は、山本邸を見学してきました。
書院造りの和室とお庭。
大正末期に建てられた邸宅です。





































大正ロマンを今に伝える和洋折衷の邸宅でした。



最後は柴又駅に戻り、日暮里に向かいます。
何やら美味しいお団子屋さんがあるとかです。

つづく。。。





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ







| *下町・路地裏 | 15:48 | comments(0) | - |
柴又ツアー*柴又帝釈天


柴又帝釈天の外壁には彫り物が施されています。
法華経の説話に基づく細微な作品でこの図はぼさつが「常に人を軽蔑しない」という
修行をしていましたが、かえって迫害を受けたようです。
法華経は寒さに火を得たように、子のところに母親が来たように、
渡りに船を得たように、闇に灯りを得たように
救いの道を示す様が描かれています。

このように外壁に彫刻が施されているのは
ここにしかないという話を聞きました。









親近感を抱いて切り取ってみました。
なんでかは聞かないでねたらーっ




大客殿は昭和4年に落成。150坪。
用材は全て桧で数百の材木の中から1本の材料というほど
材料を厳選して造営したものだそうです。
この様な規模の木造建築は現在では構築不可能だそうです。

中央には物見台が設けられていて
そこでしばし休憩しました。






邃渓園。昭和40年、関東の高名な造園師、
永井楽山翁によって完成されました。






この鳥は何という名前の鳥でしょう。
青い尾が長いようでした。






雨の降るお庭を見ながら
人が来るまでの間、私たちだけでくつろぐことができました。
渡り廊下をお庭を見ながら進んでいくと
鯉がいたり亀もいました。
アゲハ蝶や萩の写真も撮りました。


次に向うは、お食事処「川甚」です。






にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

| *下町・路地裏 | 00:56 | comments(0) | - |
柴又ツアー
大学時代の同窓会、先月は六本木ヒルズで映画を観ました。
毎月1回、ランチでおしゃべり。タイムスリップするひとときです。
今月は、ちょっと遠出。柴又帝釈天に行ってきました。

千代田線の国会議事堂で3人が待ち合わせ。
千代田線は綾瀬までですが、JR常磐線に乗り換えかと降りたら???
同じホーム、同じ電車で行けることが判明;;
千代田線は何処行きかを確認した方がいいですよ。
金町まで行き京成線に乗り換え柴又に到着。無事4人合流。

あいにくの雨でしたが、シャワーキャップにカメラを包んでまず一枚。
映画用のセットのような町に見えました。大きなビルがないからですね。



左に見えるお店で友人はお団子を買いました。
後で本を見たらこの「高木屋老舗」は江戸時代から続く和菓子のお店だそうで
「ここで草団子を買わなくては柴又は語れないという」と書いてありました。
私も食べてみればよかったな〜。



つづく。。。



2007年9月12日撮影
[OLYMPUS E-510 18-180]




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ



| *下町・路地裏 | 01:44 | comments(0) | - |
浅草三社祭り


先週の日曜日、浅草に行ってきました。
OL時代のお友達と4人で逢うのは20年ぶり。
遠方から出てくる友人もいて皆は駅で待ち合わせて
私が先にお店の席をとることにしました。
11時にお店に着くつもりが少し遅れたので電話をしてみると
まだ一人が遅れているようです。

「じゃあ混むといけないから先に行っているわね。」
と言って仲見世通りに向うと大通りが歩行者天国になっていました。
遠くにお神輿が見え人の波と一緒にわたしも少しだけ覗いてみることにしました。





こういう時には都合がいいんですよ。
OLYMPUS E-330にはライブビューがついていて可動式なので
液晶画面をちょっと動かして
腕を伸ばして画面を見ながら撮ることができます。





あちらにもお神輿が。。。パチリ。



今日のレンズは14-541本なので広角側で撮ってみました。
凄い人ですね。この交差点に3台のお神輿が鉢合わせしていました。



長くはいられないのでそこそこにしてお店に急ぎました。
途中の路地には小さなお神輿がたくさんあり、
お祭りの衣装を着た人たちで溢れていました。
腕を伸ばした後姿が綺麗。。。とパチリ。
有名な鰻屋さんには長蛇の列ができていましたよ。





集合するお店は江戸もんじゃ「ひょうたん」です。
普段は予約可能ですが、お祭りの間は予約できません。
ちょうど一席開いていたので二階に上がりました。
皆に電話してみると、まだ一人が遅れるらしく
二人はこちらに向っているけれど
道がわからないで迷っているみたいでした。
待っている間に前の通りをお神輿が通る音がして
窓を開けて急いで撮ってみました。
窓枠には鉄格子があったのでちょっと端っこが;;

でも無事に皆揃いました。
20年ぶりに逢うっていうのはどんなものか。
それはそれは浦島太郎のような再会です。

「20年ってあっという間だったわねー。」
「みんな20年前と変わらないわねー。」

返す言葉が出てこなくて苦笑いかな。
だって一番変わっているのは言っている本人だから。
あんなに細くてきゃしゃだったのに〜。
なんて〜そういう私も人のことを言えない;;
自分のことは見えないからね。

でも話しているうちに、皆変わってないなと思いました。
20年の間に皆いろいろあったと思うし
それなりに人間的にも成長しているはずなんですけどね。

お人よしのところとか、とっぽいところとか、
粋な心意気とか。。。
昔から変わらないな、こんなところがあったなと
いろいろ思いだしておもしろかったですよ。

江戸もんじゃの次は近くの甘味処へ。
次は2階のイタリアンレストランで珈琲を。
遠方から出てきた友人の帰りの時間ぎりぎりまで
お喋りはつきなかったです。
東京に出てくるのは大変なようなので
この4人で逢うのは次は1年後になりそうです。




帰り道、子ども神輿が通る中、この光景を背景に三人を可愛く撮ってあげました。

三社祭りの最終日に浅草に出ることなど初めてでした。
人混みの中を歩くのは大変でしたが
お祭りの雰囲気っていいものですね。
又ひとつ思い出ができましたよ。

20年があっという間なら。。。
これからの20年もあっという間かもしれませんね;;
残りの人生を楽しく過ごしたいと思います!



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
←共感して頂けたらクリックお願いしますね!


| *下町・路地裏 | 00:29 | comments(6) | trackbacks(0) |
お昼の築地
前記事で4/18の同窓会ランチで携帯を落とした話を書きました。
銀座の映画館にあったので取りに出かけたのですが
せっかく銀座に出るのだからと先に寄り道したのが築地です。
写真は全てOLYMPUS E-330 14-54丱譽鵐困濃りました。

4/8にソニービルでお花を撮る講義を聞きました。
その日ついでに築地でランチをしたのですが、
築地に行ったのはこの時が初めてでした。
TVや雑誌などを見て一度行ってみたいと思っていました。
4月には計3回も通ってしまいましたよ。

お花の写真の後にお魚の写真を載せにくく
日にちが経ってしまいました;;
もうすぐゴールデンウィークなので、
これを機会に銀座・築地ファイルからアップしてみますね。


4/8


4/8銀座和光ビルの交差点



4/9

↓ここから築地です。



4/9佃煮屋さん、「写真撮ってもいいですか」と聞いてみると
快く「どうぞ」と言ってくださいました。
ここは、昔からあるお店なんですね。


4/9


4/9



そして、4/19の携帯を取りに出かけた日がここからです。
この日は、途中の路地でTVのロケをやっていました。
カメラを思わず向けてしまったら、スタッフの方に
ダメダメって手を振られてしまいました。
そうなんですね、ダメなんですねー;;
大きな身体の方が出てくる番組です。

4/9に来た時に見つけたお店に入ってみました。
お店の名前が「築地青空三代目」です。
検索してみたら、ここは屋台店なんですね。




外に面しているカウンターの奥に入ると
中に又カウンターがありました。
丼ものはここで食べるようで
にぎりは奥の座席だそうです。

丼ものに決めてカウンターに座りました。
メニューを見てどうしようかと迷っていると。。。

カウンターの中から声が聞こえ

「今日は、中落ちが美味しいよ〜。
 特別だから。」
「特別なんですか…。特別って…何かあったんですか?」

ちょっと聞いてみました。

「今日は、お掃除の日だったからね。」
「え?お掃除?」

「そう、お掃除っていうのはね。
 普段は赤身の中落ちなんだけど、
 今日はお掃除で骨のまわりについているのをこそげ取るんだよ。
 だから、今日の中落ちはトロの中落ちなんだよ。
 巻物にしたら1本千円のが3本入って、1000円だからね。
 今日食べたお客さんは得したことになるってわけ。」

そんなに中落ち丼って、美味しいものと思っていなかったというか、
一種類しか入ってないって淋しい気がして。
でも一口食べた時の感動ものといったら。。。
本当に美味しかったですよ。

注文する前にちょっと尋ねてみるといいんだなと思いました。
「そう、聞かれなきゃ答えないから
 今日は中落ち美味しい?って聞いてみてね。」
と言っていましたよ。

毎年ゴールデンウィークには12000人が足を運ぶそうです。
5/4は築地春まつりがあります。
半値市というのがあるそうですよ。
黄色い提灯のお店が目印だそうです。

今度インターネットTVで料理番組をやるとか言っていました。




この路地から入ると左手にあります。

ちょっと歩いてみたら、近くにパーキングもありました。
私は、オフィスビルの駐車場に入れたのでちょっと歩きました。





近くに神社があります。
猫ちゃん発見!こっちを向いてほしい。


向いてくれました。




波除稲荷神社です。




おもしろい建物です。




これはなんというお花でしたっけ。
駐車場のあるビルのカフェで撮りました。


これから携帯を取りに行き、その後アレンジのお教室の先生のお誘いで
ビーズの講習会に参加してきました。




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←よろしかったらクリックを!


| *下町・路地裏 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
門前仲町を歩く


今日は毎月恒例の勉強会。
久しぶりに門前仲町に出かけてきました。
川沿いの木は桜ですがもうほとんど散っていました。
10人いるメンバーですが今日の出席は4名。
区の施設を借りて世界の動きや日本の経済動向の勉強をします。
このグループでの勉強会はもう丸3年半くらい続いています。
1時から5時まで勉強した後は2次会に流れます。

門前仲町に住んでいらっしゃる方の案内で
美味しいお店に連れて行ってもらえます。
何回かここを訪れているのですがこの街のことをよく知らないので
今日は富岡八幡宮と深川不動尊をお参りしました。
月に1日、15日、28日の三回縁日があるといいます。
今日はちょうど15日でお店が出ていました。





お神輿はかなり大きくて今は飾っているだけになっているそうです。
今日のお店は深川浜。
新鮮なあおやぎとかつおのお刺身をいただきました。
ちょうど今頃が旬なのだそうです。
かつおは普通は5月だけれど今は暖かくなっているので
早いそうです。
先輩方の昔の話を聞きました。
昔は皆が貧乏だったから今のように貧富の差がなかったこと。
貧乏が当たり前だったのでお金を使う遊びをしなかったこと。
旬の食べ物をいつも食べていたこと。
今は旬でない時にも食べられるから旬がわからなくなっていること。
90歳になるお母様の介護をされていると
旬の食べ物を買ってきてあげるととても喜ぶのだそうです。
私もちゃんとそういうことを心配りをしてあげないとと思いました。
先輩方は知識が豊富でいらっしゃるのですが
毎日毎日の勉強をかかしません。
努力されているお話を聞くと、私も頑張ろうと思えるんですよ。
今日も一日勉強になりました!

最後に食べた深川めしは美味しかったですよ。
あさりの炊き込みごはんでした。
通りには「ご利益通り 人情深川」と暖簾がかかっていました。
ここに住んでいる方たちの付き合い方を聞くと
本当に下町付き合いの人情味が溢れている気がしましたよ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ←よろしかったらクリックを!


| *下町・路地裏 | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |