<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 娘を訪ねて〜In Paris 最終日 モンマルトルの風車 | main | 娘を訪ねて〜In Paris 最終日 モンマルトルをあとにして >>
娘を訪ねて〜In Paris 最終日 ル・コンシュラ


右正面に見えるのが、ル・コンシュラというカフェレストラン。
ロートレックやゴッホも通ったという老舗だそうです。
昔ながらの店がまえで絵のモチーフとしても有名みたいです。
左のお店でポストカードを買いました。





ル・コンシュラの店内はこんな雰囲気。
何を食べたか。。。写真を撮っていないと忘れます;;
スタンダードなフランス料理が食べられます。





ル・コンシュラの左脇の通りがサン・リュスティック通り。
狭い路地の奥にサクレ・クール寺院が見えます。
ユトリロが描いたのがここだというのですが絵を覚えていないので
どうフレームに入れたのか、自分だったらどうするか考えてみました。





手前に拠ってみるも、カフェは入れない方がいいでしょう。








もうちょっと先に進んでみました。
通りを明るく写すと寺院が消えてしまうので−補正でやっとこれくらい。
目で見たのと写真にするのとちょっと違います。
ユトリロのアングルはこんな風だったのではないのかしら。




私は中ではこれが気に入りました。







にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←応援ポチっとよろしくお願いします
←コチラも参加中。どうぞよろしく
JUGEMテーマ:写真

| *France | 22:27 | comments(6) | - |
コメント
レンガの敷き詰められた小路・・・いいですね。
こうゆうところ好きです。


ユトリロの絵は実際に見たことがないのであまり予備知識がないのですが、家族(主に母)に振り回されてアルコールに溺れた結果、彼は自分にとって「普通」である場所を好んで描いていたのでしょう。

芸術的なものって個人的な感性が多く最も多く表れるものだと思うので、saraさんにとっての「普通」とは違うフランスの風景がよく表れていて、ユトリロとはまた違う感性で撮れていて凄く良いと思います。


えっと・・・途中から何を言いたいのかよくわからなくなってしまったのですが、文章力がないのでご容赦ください(笑)
| 頼朝 | 2009/05/08 11:59 AM |
あしかがフラワーパークでは、藤の花の香りに包まれ、堪能してきました。
連休の始まりは、花に囲まれてゆったりリラックスしてきたのですが、
後半の6日に持病のぎっくり腰が再発!
仕事どころではなくなり、身動きのとれない5日間を過ごしました。
娘が、携帯でもブログを見ることができるようにしてくれて、
見ていたのですが、さすがに写真はサイズが大きく、見ることが
できませんでした。
今日、やっと仕事も再開・・・saraさんの写真も見ることが
できました。
なんと、ユトリロが絵を描いた場所とのこと・・・
偶然ですが、我が家に、ユトリロのリトグラフがあり、saraさんの
写真とそっくり同じなのです!
『サン・リュスティク通り』というタイトルで、冬景色です。
冬、雪が積もっているので、さすがにカフェのテーブルやいすはありませんが、
4枚めの写真と同じです。
遠景にサクレ・クール寺院があり、道の両側の建物の窓や街灯もいっしょ、
saraさんの写真より、右側の建物の赤い壁がもう少し多く描かれています。
比べていた娘もびっくり!!!
またまた、フランスへの旅心を刺激されていました。

| みやび | 2009/05/11 8:23 PM |
遅くなりましたが、カメラ購入についてのアドバイス、ありがとうございました。
そうですか、勢いが必要なのですね。
確かに、今は、コンデジだと奥行きが感じられなくて、皆さんの写真を見ていて、こんな写真が撮れたらいいなあ・・・
と思うばかりです。
娘はニコン(型はわかりません)なので、レンズが共有できる方がいいとか、勝手なことを言っています。
少し、調べてみます。
なんて言っていたら、いつのことになるやら・・・ですが。
| みやび | 2009/05/11 11:26 PM |
頼朝さん、褒めてくださってありがとうございます。
この日のお天気の具合が空が灰色で寺院が溶け込んでしまいました。
最後の写真は何も手を加えていないのですが
ブルーがかった色に撮れていました。
自分好みの写真がなかなか撮れなくって
フランス写真もそろそろ終わりというのに好きな写真が少ないのが情けない^^;
ユトリロの絵は日本で観たことがあるのですが
お母さんとの関係性でユトリロの淋しい心が現われているような気がしました。

| sara | 2009/05/12 8:48 PM |
みやびさん、ぎっくり腰大変でしたね。
身動きがとれないほど痛かったのでしょう。
治ってすぐお仕事復帰も辛いところをコメント戴き恐縮です。
みやびさんのお宅にユトリロのリトグラフがあったのですか。
4枚目と同じなんですね。ふむふむ、赤い壁がもう少し見えていると雰囲気が出ますよね。
みやびさんに教えて戴いて想像がつきよかったです。
うちにあったユトリロ展のカタログには載ってませんでした。
いつか私も「サン・リュスティック通り」を観る機会があるといいなと思いました。
| sara | 2009/05/12 9:03 PM |
みやびさん、カメラの件アドバイスというほどのことが言えなくて^^;
娘さんがニコンだったらやはりレンズを共有できるといいですよね。
レンズが結構高いんですよ。
被写体により向いているレンズがあるのでお花だとマクロレンズが欲しくなるし。
娘さんはもう持っているかしら。
最初、オリンパスとキャノンを買ってしまいそういう点ではもったいないことをしました。
調べることは大切ですね。納得がいってからで遅くないと思いますよ。
今までこうと思ったら即決してきたものだから
これからはよくよく考えてからにしようと思っているところです(笑)
| sara | 2009/05/12 9:17 PM |
コメントする